2006年06月06日

現状分析

どこをどのように改善するか、そのために何が必要か。

それを語る前に、現状を知らないといけない。

というわけで、先日久しぶりのバンド練習を録音し、確認してみた。


1.音が小さい。特に高い音域では音の立ち上がりが不安定。

2.アーティキュレーションに問題あり。前ノリに鳴るところがある。

3.低い音域で裏返る。

4.すぐにアンブシュアが疲労する。

5.アンブシュアに関連して、フラジオ域を多用するとした唇の裏に歯形が残る。


…こんなところか。

まずは、1・3に関して息の使い方が。

4・5に関してアンブシュアが。

2に関してタンギングが。

それぞれ課題になると言えるのではないかな?
posted by たーぼ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。